子供の写真の記念に残る仕上げ方の3つの方法!


フォトフレームにする

集合写真や拡大写真などここぞという1枚は、目立つ残し方をしたいですよね。それを実現するのがフォトフレームです。1枚のみならず複数枚を載せる構造になっているものもありますよ。また、写真の形も資格や丸やハートなどいろいろな形を実現している商品もあります。メッキに仕上げたり、カレンダーと併用したりと見栄えや機能が備わったものもあります。

フォトブックに仕上げる

たくさんの写真を物語や卒業アルバムのようなイメージで自作したいですよね。それを実現するのがフォトブックで、費用に応じてハードカバーや大きさやページ数をある程度自由に設定することができます。また、コメントも自分で編集する機能がありますので、写真がどのようなものであるかの説明などが実現します。文字の大きさや字体やカラーも変更できます。写真のレイアウトも自由ですし、枠の形を変更することも機能の一部として備わっています。まとめて製作することで割引など特典を受けれます。

身に着けるアイテムにする

身に着けて定期的に見ることで癒しにしたいことってありますよね。それを実現するのが写真を商品に貼り付けるという方法があります。例えば、キーホルダーそのものであったり、キーホルダーとしてのフォトブックであったり、うちわなどです。身近な生活用品にすることでいつでも手元で見ることができますよ。大きさや素材も様々ですので組み合わせることで利用しやすい商品に仕上げることができます。プレゼントとしても喜ばれる商品です。

スクールフォトとは、サイトを通して学校行事で撮影した写真を、見たり購入したり出来るサービスです。わざわざ学校へ行って、写真をチェックして購入する必要がなくなります。