常夏ビーチでカジュアルパーティ!!ホワイトマリンカラーでおしゃれに


ビーチを思いきり楽しめるスタイルで青い海と空に輝く太陽がまぶしい南国リゾートで身近な人だけで行う披露宴パーティを行うなら、海辺のパーティを心地よく過ごすことのできる軽やかスタイルがいいでしょう。花嫁はミニドレスや透明感のある軽やかなドレスにモカラやグリーンなど色鮮やかな花のブーケで常夏気分を盛り上げていきましょう。男性はハーフパンツや涼やかな素材のスーツで快適に過ごすといいですよ。さわやかなカップ…

Read more

結婚指輪は二人で満足できる物を結婚式で交換しましょう


結婚指輪は二人で満足できる物を結婚指輪は、互いが一組の夫婦であることの証明として同じ指輪を左手の薬指にします。そこで、どんな指輪が良いか、インターネットなどでいろいろと見てイメージを膨らませておきましょう。そして、実際にこんな結婚指輪が欲しいというイメージが固まったら買いに行きましょう。インターネットで見ただけの物よりも実際に見て、指にはめてみた方が良いかどうか実感できるはずです。そして、二人にと…

Read more

事前に確認!!憧れのガーデンウェディングを成功させるためにチェックすべき項目3つ


憧れのガーデンウェディングこれから結婚を控えているカップルの方にとって結婚式をどのように行うかは大きなテーマですよね。女性の方なら、一度は憧れるのがガーデンウェディング。当日後悔することのないように、事前にチェックしておくべきポイントを3つご紹介します。その①雨天の場合のプラン残念ながら、ガーデンウェディングが成功するか否かは天候にかなり左右されます。どんなに晴れやすい季節を選んだとしても、当日雨…

Read more

アットホームな式にするんじゃなかったの!?結婚式へお呼ばれ失敗談


私の服装、浮いてるかなぁ…列席者はほとんど身内で少人数のアットホームな式にしようと思っているの。身構えないで気楽な気持ちで来てね、と友人。いざ当日行ってみると、かしこまった身なりの親戚・家族がほとんどで、私の服装砕け過ぎたかなぁ、と冷や汗が…。少人数が故に余計に目立っているのではと気が気じゃなくなる始末。そんなときのために、便利なのがレース調のストール。柄物ではなくホワイトやベージュ系で、シルバー…

Read more

素材感と肌みせバランスで見極めよう!バックスタイルも華麗に


存在感のある柄レースでカバー年を重ねるごとに丸みを帯びてくる背中は年齢がでやすいところですよね。上品な透け感で背中全体を隠したり、ゆるやかなV字カットや立体感のあるデザインで肉感を少なくシャープに見せるのがポイントですよ。適度に立体感のあるイタリア製のコード刺繍レースがつくる優美な透け感と華やかな柄のドレスですっきりみせましょう。ウエストに施された上品なコサージュはレーストップとあいまって優雅なバ…

Read more

大人のパステルカラーはどう着こなす!?ドレスと小物づかいのポイント


ラベンダーカラで上品にスウィートなイメージが強いパステルカラーのドレスは、シンプルだけどさりげないアクセントを加えたものなら、大人可愛く着こなせますよ。洗練された甘さのあるスタイルを目指すといいでしょう。淡いラベンダー色とビジューベルトの組み合わせはリュクスな雰囲気となりますよ。縦ラインをつくる細やかなチュールのプリーツで、ほっそり見せるといいでしょう。アップヘアにすると大人っぽくなりすぎますので…

Read more

下半身ぽっちゃりでもOK!!体型カバードレスで美しい花嫁に


可憐なリボンアクセントで下半身をカバー年を重ねるにつれて肉の付きやすくなる下半身もビックシルエットのドレスなら気になりませんよ。また、逆転の発想でメリハリをつくってエレガントなマーメイドに挑戦するのもありでしょう。リバーレースが上から下に流れるようにあしらわれ、スムーズにスカートの広がりにつながったAラインドレスはふんわりとしたスカートが、上半身をコンパクトに演出し、ふっくら腰回りも気にならなくな…

Read more

知っておかないと恥ずかしい!結婚式に出席する際の3つのネイルマナーについて


親族で出席する際のネイルは?親族として結婚式に出席する際には、原則としてネイルはNGになっています。ネイルもワンピースと同様に控えめでいるのが基本です。しかし爪の状態が悪く、割れていたり汚れている場合は、身だしなみとして整えておく必要があります。そのような状態の時には、ベージュやクリア系の色のネイルを選び、一色塗りにするのがマナーとなります。デザインはなく、あくまでも身だしなみを整えるためのネイル…

Read more